髭 手入れ

髭の手入れ方法について

 

髭がイカす男性

 

髭はしっかりと整えると男らしさがアップし、オシャレの一種として楽しむことが出来ます。そんなカッコイイオシャレな髭を維持するには手入れが欠かせません。そこで、初めての方でも分かりやすい髭の手入れ方法について挙げていきましょう。

 

まずヒゲの手入れに必要な道具を準備していきます。カミソリやシェイバーなどの髭を剃るものに加え、ハサミ、シェービングクリーム、メイクペン等を用意しておきましょう。続いては鏡の前に立ち、理想の髭の形をイメージしてメイクペンを使用して顔に描いていきます。次に描いた形に沿ってハサミでカットしていきます。ヒゲをカットする際には、乾いた状態の方がやりやすいのでなるべく顔を濡らさないようにしましょう。カットが苦手な方はヒゲトリマーを使用すると便利です。

 

ハサミまたはヒゲトリマーでヒゲの形や長さを整えたら、次に余分なヒゲをカミソリやシェイバーで毛の流れに沿って優しく剃っていきます。。この時の注意点は「シェービング前に洗顔をする」ことです。洗顔をすることで顔についている古い角質を落とすことができ、ヒゲが柔らかくなるので剃りやすい状態となります。また、シェービングクリームをつけることも忘れてはいけません。剃りやすくするだけではなく、肌への負担を最小限に抑えてくれる役割もあるので必ず使用するようにしましょう。

 

ヒゲを剃り終わったら再び洗顔をしていきます。この時の水は冷たいもので行うようにしましょう。冷たい水は肌を引き締める効果があるので、シェービング時に開いた毛穴を引き締めることが出来ます。そして忘れてはいけないのが「アフターケア」です。ヒゲ剃り後は少なからず肌はダメージを受けています。さらにヒゲが生えていると雑菌が繁殖しやすいため、肌荒れなどを引き起こす可能性が高くなります。そのため、肌の乾燥を防ぐために化粧水やクリームで肌を保湿をしてあげることが必要です。肌トラブルを防ぐためにも心がけていきましょう。

 

オシャレな髭を保つ秘訣はこまめな手入れと長さ調節

 

髭は一度整えてもすぐに伸びてしまうため、少しでも手を抜くと、せっかく整えた髭も無精ひげとなってしまいます。そのため、オシャレな髭を保つためには毎日の手入れで一定の髭の長さを維持することが必要です。しかし、長さ調節の仕方がいまいち分からないといった方も多いのではないでしょうか。そこで、ヒゲの長さを整える方法をいくつか挙げていきましょう。

 

まずはハサミを使って整える方法についてです。用意するものは「コーム」です。コームを使用してカットすることで、ヒゲを整えることが出来ます。物によってはハサミの刃の部分にコームが付いているアイテムもあります。長さだけではなく、形を整えたい場合にはメイクペンを使用します。メイクペンで顔にラインを描くことで、簡単に形を整えることが出来ます。ハサミとコームを使ったヒゲの手入れのポイントとしては「刃を入れる角度を一定にする」ことです。たとえコームを使用してもハサミの刃を入れる角度が一定でないと、ヒゲを整えながらカットすることは出来ません。刃を入れる角度を一定にして慎重にカットするようにしましょう。

 

ハサミとコームでカットするのは難しいという方には「ヒゲトリマー」がオススメです。ヒゲトリマーはお好みの長さを設定して使用することで、簡単にヒゲを整えることが出来ます。ヒゲを整えるのにかかる時間も短時間でヒゲをカットするのに技術などは一切関係ありません。誰でも手軽にヒゲを手入れすることが出来ます。また、ヒゲトリマーはアタッチメントを外すことで、カミソリやシェイバーのようにヒゲをカットすることも可能となります。一台でヒゲのカット・整えるが出来るというのがこのヒゲトリマーの最大のメリットでもあります。

 

毎日ヒゲの手入れを欠かさず行っていくことで、綺麗でオシャレなヒゲを維持することが可能です。コツコツとヒゲを整えたいという方はハサミとコームで、手間を少しでも省きたいという方はヒゲトリマーを使用しましょう。

 

カミソリで髭の手入れを行う際の注意点

カミソリ毛抜き

 

ヒゲの手入れを行う際に使用するカミソリですが、誤った使い方をしてしまうと肌を傷つけてしまったりと肌トラブルの原因をつくってしまう恐れがあります。そこで、カミソリで髭を手入れする際の注意点についていくつか挙げていきましょう。

 

まず一つ目は「顔を洗顔してから行う」ことです。一日過ごした肌には汚れだけではなく、様々な雑菌が潜んでいる可能性があります。そのため、洗顔をせずにカミソリで髭を剃ってしまうと肌に負担を与えてしまい、誤って切った傷口から雑菌が入り、感染症などを引き起こす原因となります。髭を剃る前にしっかりと洗顔をし、シェービングクリームまたはジェルなどで肌への負担を軽減させるようにしてください。

 

二つ目は「肌を傷めにくいカミソリを使う」ことです。カミソリには複数の刃がついたものも多く、切れ味を重視して選ぶ方も多い傾向にあります。しかし、切れ味が良いものは肌を傷つけやすいといった特徴もあります。なるべく肌を傷めにくいガードがついたものや一本刃のものを選びましょう。

 

三つ目は「毛の生え方に合わせて剃る」ことです。毛の生えている方向に沿って剃らないと、なかなかうまく髭が剃れずに力を入れてしまいがちです。力を入れてしまうと、当然肌を傷つけやすいので髭剃り負けなどの原因をつくってしまいます。毛の生え方に合わせて剃ることで、力を入れることなくスムーズにヒゲを剃ることが出来ます。

 

四つ目は「刃の交換はこまめに行う」ことです。刃を付け替え可能な剃刀であっても、勿体ないという気持ちから替刃をせずに使用することも多いことでしょう。しかし、切れ味の落ちた刃を使用してしまうとヒゲを剃る際に力が必要となってしまいます。肌の事を考え、こまめに刃の交換を行うように心がけましょう。

 

最後に重要となるのが「ヒゲ剃り後のアフターケア」です。ヒゲ剃りを行った後は肌の負担を軽減させるために、化粧水や保湿クリームなどを使用してアフターケアを行うようにしましょう。そうすることで肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

 

一般的なサラリーマンの方ならなおさらです。毎朝ヒゲを剃って仕事に行くのが社会人の常識。当たり前。
ヒゲなんて生やしてたら、「コイツ大丈夫か?」と思われかねません。人間的信用度にも大きく影響します。

 

出典:https://xn--u9j7grdw88szcb300bnh9a.net/

更新履歴